長引く鼻水

4月から保育園に入園した1~2歳の子どもが、入園後から鼻水が出だして、夏ごろまでずっと続くということがよく見られます。典型的には、透明のサラサラした鼻水から始まり、次第に黄色い濁った鼻水となり粘っこくつまりやすくなっていきます。

乳幼児では鼻水・鼻づまりにより、夜間の不眠や哺乳量の減少、不機嫌やせき込み、嘔吐などの症状につながる場合もよく見られます。

長引く鼻水の原因

子どもが鼻水が長引く場合には、いくつかの原因があります。

①抵抗力・免疫力の問題

子どもの鼻水の原因として最も多いものはカゼです。カゼは、かかるたびに抵抗力がついて、症状も軽く治りやすくなっていきます。ですので、子どもが成長する過程で、何回も繰り返しカゼをひくことで、カゼをひきにくくなり、カゼをひいても軽い症状ですむようになります。

しかし、乳幼児にとっては、かかるカゼがどれも初めてのカゼの場合が多いため、そのカゼウイルスに対する抵抗力(免疫)がなく、一旦かかると、鼻水などの症状が治るのに時間がかかり、症状も強く出やすくなる傾向があります。

乳幼児が風邪をひき、鼻水がみられる場合に、症状が落ち着くまでには、通常2週間以上かかる場合が多いと考えられます。

②複数のカゼに続けてかかりやすい

一説によれば、カゼの原因ウイルスは、細かく分類すると約200あるといわれています。それぞれのウイルスによる症状は、鼻水・咳・発熱と大差はなく、どれも一般的なカゼとして診断されます。しかし、ウイルスの種類が異なれば、それぞれに対してつくられる免疫は全く別のものになるため、Aというウイルスに対する免疫は、Bというウイルスには働きません。

特に保育所など、複数の子どもが集って生活をする環境においては、複数のカゼウイルスが混在している状況が考えられます。例えば、A,B,Cという3つのカゼウイルスに2週間おきに立て続けに感染した場合、鼻水が6週間治らないという状況になりますが、このようなことは、実際の保育所においては非常によくみられることです。

③副鼻腔炎の合併

顔の骨の中(頬と両目の間、額の下の骨の中)にある空洞を副鼻腔と言います。その空洞は粘膜で覆われていて、それぞれが鼻のなかで繋がっています。新生児期の副鼻腔は直径1センチくらいでまだ鼻腔とはつながっておらず、2歳頃から発達し始めて、17歳頃にほぼ完成します。したがって、4歳頃までは副鼻腔炎はおこしませんが、4歳~6歳頃になると、副鼻腔の通路が広がり、構造上炎症を起こしやすくなります。

風邪をひくと、鼻の粘膜で炎症が引き起こされ、その炎症が副鼻腔内の粘膜にまで広がると副鼻腔炎となります。副鼻腔炎では、黄色~黄緑色の粘っこい鼻水が特徴です。風邪に伴って起こる副鼻腔炎を急性副鼻腔炎といいます。4歳~6歳の小どもが鼻カゼをひいた場合は、ほとんどの場合が急性副鼻腔炎を合併していると考えられます。また、子どもは鼻道が狭く簡単に分泌物がたまって鼻の穴がふさがりやすく、このことが、副鼻腔の炎症が長引き、鼻水が治りにくい要因となっています。

④アレルギーの関与

長引く鼻水の原因の一つとして、アレルギー性鼻炎があります。また近年アレルギー性鼻炎の低年齢化が問題となっています。

2歳未満でアレルギー性鼻炎を発症することは稀ですが、2歳過ぎても毎日透明な鼻水がいっこうに止まらない、目もよく痒がるなどの場合はアレルギーの関与を考えます。

治療

原因により、対応も変わってきます。

①乳幼児の繰り返す鼻カゼの場合