インフルエンザ

インフルエンザウイルスにはA型、B型、C型の3つのタイプがありますが、毎年、冬場に流行して問題となるのは、A型とB型です。その年により流行は異なりますが、多いのはA香港型(H3N2)、Aソ連型(H1N1)、2009年新型インフルエンザ(2009H1N1)、そしてB型です。症状は、型によって高熱が出やすいもの、腹部症状が強いものなど多少の違いがありますが、通常は、普通の風邪より症状が強いのが特徴です。

症状

1~4日の潜伏期間の後に、突然の寒気と高熱で始まることが多いです。自然経過だと、熱は4~5日続くことが多く、1回下がった熱が再びでて、全部で1週間程度かかることもあります。

発熱に伴って、頭痛、のどの痛み、腹痛、腰痛、関節痛、眼痛など種々の痛みや咳、鼻水、眼の充血、吐き気などを伴うことも多いようです。

 

治療

発熱してから48時間以内なら抗インフルエンザ薬(タミフル,イナビル、ゾフルーザなど)が有効です。48時間以上たつと抗インフルエンザ薬は効果がありません。この場合は、普通の風邪と同じように咳、鼻水の飲み薬や熱さましで対応します。あらかじめ予防接種を受けておくことで重症になることを防ぎます。

家庭で気をつけること

  ① 高い熱 : 高い熱が続く場合もありますので、熱さましを適度に使い、お子様がすごしやすいようにして下さい。熱さましには痛み止めの働きもあるので、頭痛などの痛みも多少やわらぎます。
 着せすぎ、掛けすぎに注意し(熱がある間は普段より1枚薄いぐらいでよい)、嫌がらなければ冷えピタなどを使ってもかまいません。

  ② 食 事 : 食欲が落ちることも多いため、無理に食べさせなくても構いません。食事よりも水分をしっかりとることの方が大切です。


  ③ 入 浴 : 熱があってしんどい間はやめておきましょう。


  ④ 再診の目安 : 熱が3~4日以上続く場合や、唇の乾燥が強い、尿量が極端に減るなど脱水の兆しがあればもう一度診察を受けて下さい。


  ⑤ 異常行動 : インフルエンザにかかっている時には、幻覚(虫が見えるなど)、怯え、錯乱、動き回る、といった異常行動が見られる場合があります。

 特に夜間の高熱時に見られることが多いので、夜間は目の届く場所で寝かせて、一人にしないようにしましょう。異常行動が見られた場合には、部屋を明るくして落ち着かせ、10分以上たっても続く場合は救急外来を受診しましょう。

 

まとめ

病原体

インフルエンザウイルス(A型、B型)

感染経路

飛沫感染・接触感染

潜伏期間

14日 平均2

周囲に感染させうる期間

症状が有る期間(発症前24時間から発病後3日程度までが最も感染力が強い)

登園・登校基準

発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過するまで(幼児にあっては、3日を経過するまで)