ヘルパンギーナ

乳幼児を中心に流行するウイルスによる夏かぜの一つです。

 

潜伏期(感染してから発病するまで)は3~6日で、突然38~40度の高熱が出るのが特徴です。高熱は1~3日続きます。

 

のどの奥に小さな口内炎が複数できて、痛くて食べられなくなることもあります。ひどいときは水分もとれなくなり、脱水症になることがあります。

治療

ヘルパンギーナの特効薬はありませんので、対症療法で自然に治るのを待つことになります。熱やのどの痛みをおさえる薬を処方します。

家庭で気をつけること

 ① 食 事 :口の中が痛いときは、しみないものを与えましょう。熱いもの、塩味や酸味の強いもの、かたいものはひかえましょう。

  プリン、ゼリー、アイスクリーム、さましたおじや、とうふなどが良いでしょう。

 

 ② 水 分 : 十分に水分と取るようにしましょう。

  牛乳、麦茶、みそ汁、ポタージュスープなどがよいでしょう。

  オレンジジュースなどのすっぱいものはしみます。

 

 ③ 入 浴 : 高い熱があるときや元気がないとき以外は、お風呂に入ってもかまいません。

 

もう一度受診した方がいい場合

 ● 口の中が痛くて水分がとれないとき

 ● 高い熱が3日以上続くとき

 ● 元気がなくてぐったりしているとき

まとめ

病原体

コクサッキーウイルスA

感染経路

飛沫感染・接触感染・糞口感染

潜伏期間

36

周囲に感染させうる期間

唾液へのウイルスの排泄は通常1週間未満、糞便へのウイルス排泄は発症から数週間持続する。

登園・登校基準

発熱がなく(解熱後1日以上経過し)普段の食事ができること