おむつかぶれ

おむつがあたっている部分に湿疹やかぶれがみられる状態をおむつかぶれといいます。正式にはおむつ皮膚炎といいますが、おむつに伴うおしりのトラブルの総称ですので、いくつかの要因があります。

紙おむつの赤ちゃんの場合、肛門のところだけが赤くなっているということもあります。ひどくなると、真っ赤になって皮膚がただれ、そのうちむけて痛みをともなうこともあります。紙おむつやテープの素材が肌に合わずにおこる接触性皮膚炎のこともありますが、多くの場合は、うんちに含まれる消化酵素が皮膚への刺激になって炎症を起こします。

赤ちゃんのお肌は、異物が侵入するのを防ぐバリア機能が未熟であり、うんちの回数が多い赤ちゃんでは、長時間おむつを換え忘れると、すぐにかぶれてしまいます。また胃腸炎などの時の水っぽい下痢は、消化酵素を多く含むため、肌に対してより強い刺激となり、かぶれもひどくなりやすいです。

治療・家庭でのケア

とにかく、こまめにおむつをとり換えましょう。うんちが皮膚についている状態をすこしでも短くすることが治る近道です。下痢の場合は、お尻ふきで軽くふき取った後にぬるいシャワーでやさしく洗い流してあげると効果的です。その後は、柔らかいタオルで水分を吸いとり、保湿剤で皮膚の保護をしましょう。かぶれがひどい場合には、ステロイド剤や他の保護剤を使用する場合もあります。

 カンジダ皮膚炎

おむつかぶれとまぎらわしい湿疹にカンジダ皮膚炎があります。カンジダ菌は、腸の中や口の中に常在している真菌(カビ)で、酵母菌の一種です。皮膚に感染すると赤い湿疹ができます。高温多湿なところを好んで繁殖するので、おむつの赤ちゃんのお尻は好発部位のひとつです。おむつかぶれだと思って対応してもなかなか治らない場合には、このカンジダ皮膚炎の可能性があります。治療には、抗真菌薬の塗り薬を使います。