赤ちゃんの湿疹・肌荒れ

赤ちゃんのお肌の特徴

生まれてしばらくの赤ちゃんは、お母さんからのホルモンの影響で脂っぽいお肌が特徴です。それが、生後1か月を過ぎる頃から、乾燥が目立ちはじめます。赤ちゃんのお肌は表面(角質層)が薄いためバリア機能が弱く、加えて皮脂が少なく乾燥することでトラブルが多いのが特徴です。

湿疹・肌荒れとは

バリア機能の弱い赤ちゃんの肌には、ちょっとした刺激(よだれ、食べこぼし、汗、汚れ、スタイや衣服の繊維、洗剤、肌と肌のこすれ等)も浸透しやすく、その結果、かゆみや炎症が起きます。肌の表面に炎症が起こると、赤くなり、ザラザラ、ごわごわ、ブツブツとした質感となり、かゆみが強くなります。この状態が「湿疹・肌荒れ」です。

空気が乾燥しやすい冬場、肌の温度が上がりかゆみが出やすい夏には、湿疹・肌荒れは特に増えます。湿疹がよくできることから、「アレルギー」や「アトピー性皮膚炎」を心配される方もおられますが、湿疹のできやすさは赤ちゃんにとっては普通のことです。アレルギーではなく、純粋なお肌のトラブルである場合がほとんどです。

治療・ホームケア

① こまめな保湿で「乾燥肌」を防ぎ「湿疹・肌荒れ」を予防

保湿剤は、肌の表面に保湿膜を張り、バリア機能を強化する効果があります。表面が薄く刺激が浸透しやすい赤ちゃんの肌には、とても大事な役割を持ちます。

お風呂上りと朝の着がえ時の2回、全身を保湿し、乾燥しやすい部分にはさらにこまめに塗りましょう。

たっぷりと使うことも大事です。

赤ちゃんの時から、しっかりと保湿ケアを続けると、将来、食物アレルギーや喘息になりにくいということがわかっています。毎日ケアを続けることは大変ですが、赤ちゃんの将来のアレルギーを予防しているというモチベーションを持つと、やりがいが見えて続きやすいでしょう。

②「湿疹・肌荒れ」ができればステロイド外用剤で治す

「湿疹・肌荒れ」の本態は「お肌の炎症」なので、治療には、炎症を治す薬=ステロイド外用剤を使います。ひと昔前は、ステロイドと聞くと、強い薬で副作用が心配と思われがちでしたが、現代では、赤ちゃんの湿疹にも日常的に使われる安心な薬との位置づけで、合ったものを使えば副作用が問題となることはありません。塗り方は「しっかり塗って早く治す」がポイントです。

ステロイドで治るのは「湿疹」であり、「湿疹のできやすさ」ではありません。「湿疹のできやすさ」は赤ちゃんの肌が持つ特性なので、湿疹が一旦治っても、しばらくしてまたできることもよくあります。そういう場合も、できる度にステロイド外用剤できれいに治しましょう。「塗ると治るが、またすぐにできる」を短期間で繰り返す場合は、それに合った塗り方がありますので、自己判断で中止せずに相談して下さい。

保湿剤とステロイド外用剤で、乾燥や湿疹・肌荒れのない肌を保つことが、赤ちゃんにとって大事なことです。頑張ってケアを続けることで、次第にトラブルも少なくなり、1歳を過ぎる頃には、湿疹のできやすさも大分落ち着くでしょう。