当院の新型コロナウイルス感染症の診療体制について

①院外に発熱外来設置

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の院内感染防止のために、クリニック横の駐車場スペースの一部にコンテナを設けて、COVID-19の疑いのある方の検査・診察(発熱外来)を行っております。

実際には、発熱があるお子様のうち、学校や園でCOVID-19が発生している場合(いわゆる濃厚接触者に当たらない場合でも)や、ご家族(大人の方)にも発熱者がみられる場合などに使用する診察室であり、COVID-19疑いの方専用の診察室です。会計を含めてすべての診療をこの場所で完結しております。

COVID-19疑いの患者さんとそれ以外の患者さんで、診療空間そのものを完全に分離して接触機会をゼロにすることで、院内におけるCOVID-19の感染を防止しております。

 

発熱外来(コンテナ)の室内は、

  • 陰圧仕様の空気清浄機による完全陰圧設計(室内でのウイルスの飛沫を完全に吸着)
  • HEPAフィルター付パーテーション2台設置による気流の調節
  • オゾン発生器によるウイルス・菌の不活化

の3点を施し、特別な感染防御室となっております。

 診察時にはさらに、ガウン・グローブ・フェイスシールドを着用しております。

※COVID-19を心配される方は、まず、WEB予約とWEB問診を行っていただき、その後電話での連絡をいただいております。

② 新型コロナ検査装置「ID-NOWインスツルメント(アッボト社製)」の新規導入

この検査装置は、COVID-19 の診断において、PCR検査と同等の信頼度のある遺伝子検査法である「等温核酸増幅法(NEAR法)」を用いた検査機器で、13分以内で陽性陰性の判定ができ、従来の数時間から数日かかるPCR法と比べ、大幅に検査時間を短縮できます。厚生労働省でも承認済みの検査です。

当院で従来行っていました抗原検査も短時間で感染の有無を判断できる検査ですが、ある程度の検体量が必要となり、検体量が少ないと偽陰性となってしまうことがあります。NEAR法では、検査に必要な遺伝子量がごく少量で済むため抗原検査よりも「陰性」の精度が上がります。

 

尚、当院では無症状の方、大人の方への検査は行っておりません。発熱など、COVID-19を疑う症状のあるお子様に対してのみ検査を行っておりますので、ご了承ください。