診療案内

小児科ってどんな科?

小児科という診療科は、子どもの総合診療科とお考え下さい。

お子様の体調不良の総合窓口であり、「何かあればまず受診するところ」とお考えいただくと一番しっくりきます。対象年齢は、生まれたばかりの赤ちゃんから、おおむね15歳(中学生)までです。

小児科医は、たとえば風邪の治療ひとつをとっても、不要な抗生剤を漫然と処方するといった対応はしません。その場だけではなく、将来的な成長と健康を視野にいれて、責任を持ってお子様をみさせていただきますので、風邪をひいたときには、ぜひ小児科を受診してください。その他、お体のことならどんなことでも、安心してご相談下さい。

当院の診療の特徴

当院では、次の4つの分野に特に力を入れております。


当院で実施可能な検査

●一般血液検査

●CRP検査、生化学検査

●アレルギー検査(血液検査)

●尿検査

●各種迅速検査

(インフルエンザ、溶連菌、アデノウイルス、RSウイルス、ロタウイルス、

 、ノロウイルス、ヒトメタニューモウイルス、マイコプラスマなど)

●腹部超音波検査

●スポットヴィジョンスクリーナー(斜視・弱視のスクリーニング検査

 

病状により、さらに検査が必要な場合や、入院が必要と判断した場合には、

連携する病院へご紹介させていただきます。

検査・紹介希望の時は、お気軽にお申し出ください。

連携病院